thumbnail
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
Pick46
iconiconiconiconicon
iconiconiconiconicon
20
基準価額 (2024/02/22)20,032
前日比+251
前日比率+1.27%
1ヶ月リターン+5.20%
1年リターン+32.27%
信託報酬0.143%
1年リターン
損益+32,270(1年前に10万円購入していた場合)
このファンドについて
「TOPIXマザーファンド」を通じて、主として国内の株式に投資を行い、東証株価指数(TOPIX)(配当込み)と連動する投資成果をめざす。対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。
チャート
データを取得中です。

ポートフォリオ
icon
評価とコメント
4.0
iconiconiconiconicon
iconiconiconiconicon
5段階評価中
タップして評価このファンドのおススメ度
avatar
2021.11.02 01:47
日本株で投資したいならこの商品かな~、コスト安いから買っておいても損はなさそう。
関連記事
最大10万Pontaポイントプレゼント!積立デビュー応援!
avatar
auカブコム証券icon
公式アカウント
2023.01.27 08:20
対象期間中(1月16日~3月31日)に対象商品(eMAXIS Slim9銘柄)を初めて積立約定し、対象期間中の約定金額の合計が3万円以上のお客さまの中から抽選で最大10万Pontaポイントプレゼント。キャンペーンへのエントリーが必要です。
詳細はこちら
コメント
S&P500が年初来安値 インデックスFで確認
avatar
川上 雅人icon
会社員
2022.05.09 01:50
先週末(6日)の米国株式市場はインフレ警戒感が強まり続落、ナスダック総合とS&P500が年初来安値更新です。今日はeMAXISのインデックスファンド(Slim9本とコモディティ)で、4月以降と年初来での騰落率(5/6まで)を確認します。投資信託の基準価額算出に使われるドル円TTMレート等も記載。なお、6日の基準価額は、海外市場の前営業日(5日)のデータが反映されています。

       4月以降 年初来
コモディティ +11.7% +49.2%
先進国債券  ▲0.3%  ▲0.6%
国内リート  ▲0.3%  ▲2.3%
8資産均等型 ▲1.4%  ▲1.0%
TOPIX    ▲1.6%  ▲2.7%
新興国株式  ▲1.9%  ▲1.1%
先進国リート ▲2.9%  +1.5%
オルカン ▲3.6%  ▲1.8% 
S&P500  ▲3.8%  ▲1.4%
先進国株式  ▲3.9%  ▲1.8%

[参考]ドル円  +6.6% +13.5%
[参考]ユーロ円 +0.7% +5.5%
(出所)QUICKデータを基に当社作成

4月以降では、引き続きコモティティが堅調です。
先進国債券は米ドルとユーロが大半ですので円安がプラスでしたが、金利上昇の影響が大きくわずかにマイナスです。
国内リートは株安の中で比較的堅調でした。8資産均等型も分散投資されているため同様なことがいえます。
国内株式(TOPIX)は米国株式(現地通貨)と比べて下げが限定的でした。
新興国株式は先進国株式と比べて下げが限定的でした。
先進国リートは3月までは比較的堅調でしたが、4月以降軟調です。海外のリートは金利上昇によりイールド・スプレッド(リートの配当利回り-長期金利)が縮小していることも影響していると考えられます。
米国株式(S&P500)は現地通貨では約10%の下落でしたが、6%を超える円安ドル高に助けられて4%弱のマイナスです。
オールカントリーは世界の株式に分散投資されているとはいえ6割が米国株式のため、それなりのマイナスとなっています。

インフレ懸念による米国株安を警戒するなら、コモディティとイールド・スプレッドで魅力のある国内リートへの分散投資が有効と考えます。
コメント
すべての記事を見るicon